2017年08月24日

偏光サングラスを選ぶポイント

偏光レンズとは何か?

偏光レンズとは読んで字のごとく偏った光りを、さえぎってくれるレンズです。
太陽の光や蛍光灯などが直接目に入ってくるのを自然光とすると、水面やガラスなどに反射した光を偏光という、湖の上に立っていると水面に太陽光が反射してまるで鏡のように水面上の物を映し出してしまうことがある、この反射を取り除くことによって水中のストラクチャーやバスやベイトフィシュなどを見やすくしてしまおうというのがこの偏光レンズである。
なぜ偏光レンズが水面の反射を取り除くのかというと、偏光レンズ内に特殊フィルムが挟んであり、このフィルムがブラインドカーテンのような役割りをして反射をカットします。ブラインドカーテンを横につけても意味がないように、偏光レンズにも軸というものがあって軸を水平にすることによって上下方向の反射をカットできるようにしセットします。したがって水面からくる下からの光の反射をカットします。

度付き偏光サングラスの選ポイント

度付きの偏光サングラスを作りたいと言う方は普段からメガネを掛けている人がほとんどだと思います。そこで、度付きの偏光サングラスを作るにあたって覚えといて頂きたいのが、通常のレンズと違い偏光レンズには薄型レンズという物がありません。あまり大きめのフレームを選んでしまうとレンズが厚く重く掛けずらい物になってしまいます。特に強度の人は気をつけたほうがいいでしょう。
度付きレンズのレンズカーブは決まっています。極端にカーブのきついフレームは度付きは避けたほうが良いでしょう。カーブフレームを選んだ場合は、レンズカーブまでフレームカーブを戻すようになります。

度無し偏光サングラスの選ポイント

度無しの偏光サングラスの場合、メガネ屋で購入するより釣具店やスポーツショップの場合が多いでしょう。この場合店員に光学的知識が無い場合がないがほとんどで、的確なアドバイスが出来ないばかりか、通常なら返品されるべき歪みが出ているレンズが平気で売られています。
信用できるショップでの購入をお勧めします。

サングラスの歪み.jpg
 左の写真が某メーカーの 偏光サングラスです。
 写真からも歪みが出ているのが解かると思います。
 特にカーブのきついフレームに歪みの出ている物が多くありま
 す。
 注意して選びましょう。


レンズの素材について

偏光レンズには今現在3種類の素材があります。
どのレンズにも長所と欠点があるので、レンズ素材の特長をよく理解する必要があります。

■ガラスレンズ
長所:キズが付きにくい。同じ度数の場合プラスチックレンズより薄く出来る。
短所:割れやすい。重い。

■プラスチックレンズ
長所:軽い、
短所:ガラスレンズに比べキズが付きやすい

■ポリカーボネイトレンズ
長所:3種類のレンズ素材の中で一番衝撃に強く割れにくい。比較的安価である。
短所:度付き対応が出来ない。キズが付きやすい。歪みが出やすい。

posted by manri at 19:25| 偏光サングラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。